一部上場くされ屋稼業

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    【ダ・ヴィンチ・コード】 09:27
    0

      珍しくベストセラーとなった原作を読まずに観てきたが、キリスト教が生きる上での土台となっている民族(信じる信じないにかかわらず)であれば容易く理解できるであろう事柄を脳で一旦考えてから理解するようにして観なければならなかった。
      所詮今の日本人の根底に流れているものは、神道なのか仏教なのかよく分からないまま今に至っているように私は感じている。この信念のなさ(よく言えば“長いものには巻かれろ”的なスタンス)が日本人であるようにも思えるのだが、そんなどっちつかずのような代表である私には難しかった。
      この【ダ・ヴィンチ・コード】には自分を鞭打つ狂信的な信者が出てくるが、その意味は、以前観た映画【パッション】でイエス・キリストが鞭打たれるシーンを見ていたから理解することができた。
      一つ一つの心情や、背景を映画と言う短い時間の中で表現すると言うことは難しいことであり、しかもそれを、何の先入観も知識もないものが観て分かるようなものにするのは、本当に難しい問題なのだろうと思う。
      そこで会話によって説明が加えられていくような構成になっていくのであろうが、この会話がフランス語と英語のやり取りであったり、キリスト教の導師や教皇といった耳慣れない言葉がたくさん出てくる為、すっかり混乱しながら事柄を整理し、皺の足りない脳みそをフル回転させなければならなかった。
      しかも字幕で「綴り字合わせ」と出ても、台詞の「anagram」という言葉の方が、洋画を多少なりとも見ている自分としては“アナグラム”と言う単語遊びの事か...と分かったりした。
      これは日本人に向いた映画だという話であるが、教養のない日本人である私は原作を読んでから観た方が良かったかもしれない。
      しかし、要所要所での謎解きやサスペンス感は面白かった。
      映画全編において私は、眉間に皺を寄せ、痛々しい場面では顔を覆いながら観ていてあまり笑えるところはなかったのだが、映画館に来ていた多くの米国人がチラッと散りばめられたアメリカンジョークで笑っていたのがちょっと口惜しかった。。。
      アメリカンジョークを理解する事が一番の相互理解になるかもしれないと一瞬本気で考えた。

      アメリカンジョークが分からなくてもキリスト教が分からなくても
      何もも考えずに思いっきり楽しめる映画が観たくなりながら劇場を出ると、こんな立て看板がどどーんと立っていた。

      早くすっとぼけたジョニーデップに会いたいよーんキスマーク
      | 映画。 | comments(4) | trackbacks(4) | posted by non -
      スポンサーサイト 09:27
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        僕はこの本に不満を覚えている。
        というよりこの本を買う日本人に。
        キリスト教信者ならまだしも、宗教的背景が分からない日本人に果たしてどの程度理解できるのか。
        本当に面白いと思ったのか。
        ベストセラーだから面白いって事はないんじゃないか。
        僕にはこの映画はトム・ハンクスの髪型がずっと気になって内容に身が入らなかった。
        posted by マイク☆吉田 | 2006/05/26 5:01 PM |
        >マイク☆吉田さん
        ベストセラーだから面白いって事はないですよね。
        感想は人それぞれですし。
        でも私はきっとこの原作を買って読んじゃうと思います。
        少しでも理解したいと思うし、少しずつでも背景を知らなければ...と思うので〜
        いかなる物事や人に対しても、どんな理由であれ、興味をもって知ろうとするきっかけになるのであれば良いかな、と思っています。

        トム・ハンクスの髪型は、生え具合&禿げ具合からいってしょうがないと思うので許してあげて欲しいです...苦笑
        posted by non | 2006/05/26 7:43 PM |
        パイレーツ・カリビアン早くみたいずら〜!!
        よくジョニー・デップに似ていると言われます(大嘘)
        posted by ダイソ君 | 2006/05/28 6:34 PM |
        >ダイソ君
        キャプテン“ジャック・スパロウ”に似てるとかなりヤバイです。笑
        posted by non | 2006/05/28 10:36 PM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://sukkororinn.jugem.cc/trackback/684
        外国語なんて怖くない!!〜英会話、語学、英語、フランス語、韓国語、ドイツ語、中国語など。〜
        | 外国語なんて怖くない!! | 2006/10/22 4:06 PM |
        「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に
        | 文学な?ブログ | 2006/06/15 2:03 AM |
        S氏より「ダ・ヴィンチ・コード」を借りた。 カンヌ映画祭では良い評価ではなかったものの、公開してから客足はそこそこらしい。見終わっての評価は、5段階評価のうちの3.2といったところでしょうか。のっけから急展開のスピードで進むが、ワクワク・ドキドキ感は、む
        | Nobody knows | 2006/06/07 12:24 AM |
        原作は読んだことないですが、あらかじめ予習して観に行きました。 緻密で先の読めないスリリングな展開で、最後まで一気に見入ってしまいました。 名画に秘められた謎や、キリスト教に関する独自の仮説はとても興味を引かれ、最後までとても楽しめました。
        | シアフレ.blog | 2006/05/27 5:11 PM |
        << NEW | TOP | OLD>>